女性

高級賃貸マンションでスペシャルな生活を送ろう

2種類から選ぶ

内観

高級賃貸マンションには、高層タイプと低層タイプの2種類があります。高層タイプは駅前にあることが多く、高さがあるのが特徴的です。タワーマンションと同じ部類に入ります。階数はその物件によって違いますが、30階建てや40階建てとなっています。階数が高ければ高いほど景色の眺めが良く、立地によっては花火を部屋から見られるという特権があります。
低層タイプは3階建てや4階建ての造りになっています。主に住宅街にあることが多く、ファミリー層向けです。高さがありませんから、地震に強いという特徴を持っています。大きな揺れが起こったとしても被害を最小限に抑えることができるでしょう。
高層タイプと低層タイプではこのように特徴が違いますから、自分が最も暮らしやすいところをセレクトした方が良いです。

高層タイプの高級賃貸マンションは、有人管理がいることが多いです。監視カメラやオートロックだけでなく、有人管理もいることでセキュリティを強化することが可能なのです。これなら不審者が入ってくる心配はありません。24時間管理体制を整えているところがありますから、そのようなところだと夜中でも安心して帰宅できるでしょう。
低層タイプの高級賃貸マンションは有人管理がいませんが、オートロックや監視カメラが設置されていますし、室内にはモニターホンがあるのでこちらも管理体制が整っています。
一般的なマンションには有人管理がいませんので、こういった面も高級賃貸マンションの特権でしょう。